So-net無料ブログ作成
検索選択

ありがとうの唄 [歌]

吉幾三さんの歌に“ありがとうの唄”というのがあります。男が自分の人生の最後に歌う唄ですが、良い歌です。こんな風に唄って死んで行けたらと思います。私はまだ最後ではありませんが、この歌を歌うと、決まって涙が流れます。参考までに歌詞を載せておきます。

愛されて夢を見て ひとりで走ってた
 振り返りゃなにもかも 遠くに見えていた
  人は皆放浪者 いつしか年とれば
   都会(まち)の中ふと思う 独りじゃない事を
    ありがとう貧しさを あの時代(とき)ありがとう
     寄せる波冬の風 勇気をありがとう
      ありがとういえるよな 最後であればいい
       お前にも子供にも すべての人たちに

人生の曲がり角 涙と故郷(くに)の酒
 呑みながら口ずさむ 父から聞いた唄
  ありがとう星空よ ふるさと見えました
   夏の夜に浮かびます 笑った母の顔
    会いたいが帰らない ひとりでここで呑む
     目を閉じてここで酔う ひとりでここで泣く
      ありがとういえるよな 最後であればいい
       お前にも子供にも すべての人たちに

ありがとうふるさとよ 遠くでよかったよ
 今は亡き姉さんよ 強さをありがとう
  流れ星あの時は 願いをありがとう
   ギター弾き 唄う事 幸福(しあわせ)ありがとう
    笑うより泣く数が 多けりゃ多いほど
     優しさをあげられる 男で居たいから
      ありがとういえるよな 最後であればいい
       お前にも子供にも すべての人たちに

暮れも押し迫ってきたので、ふと、こんな歌を思い出しました。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。